ページを選択

先日、見知らぬ女性に声をかけられました。 「お兄さん、肩か腰凝ってませんか? 私○×△□…(←よくわからず…笑)の勉強をしていて、お兄さんに触れずに痛みを和らげることが出来るんです! 痛みが和らいだら『軽くなった』とか、何か感想が欲しいのですが」 僕「…凝ってません。スミマセン」 (生まれつき肩こりが激しいですが…) 女性「ですよね!お兄さん若いものね! じゃあ血液型を当てさせて下さい! これも何とか(←忘れた)の力で当てることが出来るんです! 4択ですしね!!」 (…??、結局4択?) 僕「…どうぞ」 すると女性は別の方向を向いて、目を閉じたまま「まえならえ」のポーズでブツブツ何かを唱えはじめました… (…今のうちに帰っていいかな…?笑) およそ1分後。 女性「A型!」 僕「いや、B型です…笑」 女性「だと思った!その結果がでてたんだけど、見た目で判断しちゃった!」 僕「はぁ…(え?見た目?)」 女性「そう、今みたいにして、肩こりなんかを治す勉強をしてるんです!」 (え…失敗すんの?) 女性「この力は誰にでもあるものなんですよ!」 (あんた、ないじゃん…) 女性「またお会いしたら勉強させて下さい!いつもこの辺にいるので」 と言って、女性は去って行きましたとさ。 めでたしめでたし。

]]>