ページを選択

10年ってことは今の中学生だと記憶があるかないか、ってとこなんでしょうか。   ちょうどこの事件の後からだったと思います。 もともと裏話というか、大きな報道にはならないような時事ネタを調べていた父や兄の影響で、半ばゴシップのようなマイナーなネタをちょくちょく小耳に挟むようになりました。というより、耳を傾けるようになったのか。   今では疑うようなレベルのものも、当時は都市伝説並に反応しませんでしたが、 それからイラク戦争が起きたこと、様々なことが明らかにされていないこと。 それでもどこかうやむやにしてるようなきがしてならないこと。   この頃から「アメリカ政府」に対して、「政府」というものに対して疑いの目を向けるようになりました。 Twitterに書いたかな、学校のレポートで小泉&ブッシュ政権を批判していました。   でも、その一方でやっぱりショックが大きかったというか…。 こんな悲惨なテロが起きてしまったこと。多くの関係ない人々が何かしらの策略で命を落としてしまった。 そしてそれから知るようになった「自爆テロ」という行為。 自ら命を落とすという行為は、一番「たられば」を使いたいのだけれども、一番それが通用しない次元。 例えば、僕は決して「自殺」を馬鹿な真似とは思わない。 そこまで追いつめられて、その人が究極の選択をしたことを馬鹿と言ってしまったら、その人の一生を「馬鹿」にしたことになる。 ただ、猛烈に後悔する。すごく悔しいし悲しい。 僕が唯一「後悔していい」と決めているとき。   …。少しずれました。 そう、そしてなによりもショックだったのは、これが思想の違いから生まれたそれぞれの「義」の中から起こった出来事ではなく、すごくく、すごくドス黒い一部の人間の陰謀によるものだという話が否定出来ないということ。   関係する本を読んでいて、途中で怖くなって止めてしまいました。     それから10年近く経って、首謀者と言われていたビン・ラディンが殺害されました。 根本的な部分が曖昧になっているのに、これはどういうことだと、ニュースを見て激怒してました。 もしくは正当化するためのカモフラージュ殺害。 この作戦すら微妙すぎる。   ただ、ただ、現実がどうであれ、多くの人たちが亡くなったことには、お祈りしたいと思います。       本来なら、こちらを先に書くべきだったのでしょうか。 震災から半年。改めて被災された方にお見舞い申し上げます。   もう半年なのか、まだ半年なのか。 関東では震災復興よりも、原発と政権云々のもめ事の方が大きくて、福島より向こうの声が聞こえづらくなっている気がします。 震災以降、当時は何かを考えなきゃと騒いでいたのですが、 情報に流される流されないとか、出てくるニュースが今ではどこか僕には極端すぎて、 最近はあまり意見は言わず、自分で勝手に判断しています。   BlogやTwitterは個人がメディアになりうるものだから、 誰が、何のために、今発言するのかしたのかを、さらにそれを伝えるのかを、 大手メィアはもちろんそうだけれども、個人が、もっと考えなければいけないと思っています。   だからネットでの暴言減ったでしょ?(笑)   ただ、バランスのいい情報の伝わり方なんてありえないし、 以前と違ってものごとに対して表と裏、賛否がちゃんとそれぞれ聞こえていることは良いことだと思っています。 そのせいで進まないいろいろはありますが。     新聞にね、未だに死亡者と行方不明者の方の数が書かれているんですが、 そろそろ死亡者数は無くてもいいのではないかと思っています。 もっともっと前を向くためにせめて行方不明者数が減っていく一方だけを、と思います。     記事を書き始めてから早くも1時間半・・・。頭悪いな、段落ごとに画面とにらめっこする時間が長い(笑)。お酒飲んでないのに頭ぐわんぐわんしてるわ。 おやすみなさい。]]>