ページを選択

たまに書く、僕がいつも思っていること。

義務も責任も、意志の中にあるということを忘れない。

ここ数年で、大切な人たちがこの世から去って、 それぞれに思ったこと。

一つの感情に対して素直にそこにいたい。 感情の先にいる「その人」に、感情の中にある優しさだけで向き合いたい。

悲しいなら悲しい。 嬉しいなら嬉しい。

そう思えるから、そう思いたいからそこにいるのに、 そうさせてくれない人がいる。

同じくその場にいる周囲の人かもしれない。 そんな環境は悔しいけど、見てきた。 その対象に向ける感情、というか…想いは人それぞれだから。 でも、なんとなく優しくなかったり。 でも、しょうがないのかもしれない。

ただ、逆っていうのは初めて。

その事実自体が素直でない場合は、どうしてそこにいればいいのでしょう。 そこに気持ちを向けてくれる人たちがこんなにいるのに。

ハッキリ言って、汚い。 汚いんだ。

まるで素直なふりして、中身のない。

そんなものがそばにあるのかと思うと、怖くてしょうがない。 悲しい。

もしかすると違う見方もあるのかもしれないけど、 今の自分には見つける力はないな。

完全なエゴなんですが、悔しいんです。 周りにそんな話があるなんて。

だって失礼だから。

]]>