ページを選択

反原発を即座に訴えデモをする。正直最初から怒鳴られて素直に聞く気にはならないと思う。正しいとしても。色んな人と話しましたが、やっぱりデモのような体当たりは好ましくない。いきなり殴られて逆上される方が面倒。そして、もちろん今こそ考えるべき時ですが、一部ミーハーな連中が笑いながら参加して楽しくデモをやろうというのは僕は未だにわからない。 こんな話し方は特定の部分しかピックアップしていないのですが、あくまでもそんな一部を批判したい。デモと言えば反原発や反韓流が目立ちましたが、特に後者に関して言えば、エジプトの政権打倒のようにTwitterやFacebookなどのツールを使った呼びかけから始まり成し遂げたことを模倣して、「匿名社会」から立ち上がった兵士のように振る舞うことの責任をもっと考えて欲しいと思う。 あ、こういうの書くの止めた。きりがない。 一つだけ。その後のメディアとの関わり方、韓流に対すること、原発・放射能問題、政治についてもどれだけの極論極論極論。意見がはっきりしてる分賛同を得やすいのだろうけど、それでも単純な石川にとっては全くもって視野が狭いと思えてしまう。しかもその極論に便乗して中傷だったり差別だったりが当たり前のように行われた。それだけは絶対許されないし、許さない。 でも各方面、極論がここまで出てくることはいいことだと思う。それは言い過ぎだろって思うから、じゃあどこまでがそう思うんだ?って考えられる。話を3次元4次元で見ることもできる。正直、おかげさまで間を見ることができる。それ以上向こうもなかなか無さそうだし。 ただ自分のそういう見方をする時の付加されたものとの付き合い方が一定じゃない。例えばそれはそれ、これはこれと考える時と、もっと長い目で見ようよって思う時が対象によって大きく変わってる気がするから。結局主観でしかない。 一貫して言えるのは、激しく片方に寄ることがほぼないと思われること。 そしたらなんにも言えなくなっちゃった(笑)行ききらない意見を言うことの方が長くなるし難しい。 でもたまに話したくなるからちょっと書くけど、書いて消してを繰り返して、今も原発あたりの話からここまで書くのに1時間以上(笑) でも、中間意見をもっと聞きたい。少しどっちよりっていうくらいの意見の方が実は話を少しずつ広げるからわかりやすいと思う。だれかもっと斜めから来る人いないかな。 今年一年考えさせられて、「反対側の良さを突き詰めること」も大事だと思いました。   いけない。自分のまとめをしたかったのに良からぬ方で熱くなった。もはや出だしの一行の意味がない。 さらに、いけない。このまま2011年を締めくくってはただのクレーマーの印象しか残せない! 続く。いや続かせる。]]>