ページを選択

昨日は少しイライラしてワッと沢山書いてしまいました。 何が言いたかったんだか。 僕は渋谷という街によくいます。 渋谷の駅前には沢山の団体が活動しています。 募金、署名、演説、ストリートパフォーマンス、etc. どれも自分達の何かしらの訴えを届けようとしている。 でも、全てが気持ちの良いものではない。 昨日書いたような団体や、時事問題に関連づけて署名活動と称した宗教の勧誘など。 そういうストレスを与える集団が死ぬほどいて、 一つの場所に混在していて。 その中で、「本当」に訴えている人たちが埋もれてしまって、 自分の中で疑いから入ってしまう。 昨日も宮崎県の口蹄疫に対する募金活動している人たちもいました。 こういうの見て見ぬふりするのは本当は嫌だ。 でも、本当かどうかわからないって思うと敬遠してしまう。 格好だけでそう判断するのが難しい時もある。 拒否する事に慣れてしまったのは悔しいこと。 その沢山が混在し過ぎている気がして、何かものすごく気持ち悪くなりました。 昨日の団体の行動、八公口の交番のある前で堂々と。 政治家批判がいけないとは思わない。 やり方が汚い。政治家への暴言とお面を叩きながらの抗議。 正しくはない。絶対。 演説行為を警察が認めたとしても、 行為内容次第で止めに入らない警察にもイライラして。 人道的ではない。 こんなんばっかなのか? こういうの考えると、自分は間違っているんじゃないかと本気でわからなくなる。 こんな事も受け入れられず、 むしろ偏っているのは僕の方? 間違ってるなら誰か教えてくれ。 そんな今日この頃。 iPhoneからの投稿

]]>