ページを選択

今年は一年が早かった。ってよく聞くけど割と毎年そんなんだよね。 でも、今年はこの一年という長さが自分にとってどれだけ大切な時間だったことか。 というのも、精神的に浮き沈みが激しかった一年で。 何をどうって説明すると、この話だけでブログの容量いっぱいにする自信があるから書きません! ただ、ホントにすごく根本的なところから。 私生活、価値観、将来のこと、対人関係などすべて。 「自分ってこういう人間だから」って自分で決めつけてたことが今まで多かったと思ってて。失礼な話、周りに対してもそうだったし。 だから、周りから「君って~だよね」って言われたときに自分で自覚してないことだと「こいつ俺のことわかってないな」っていう感じかな? そういう(ほとんど)自己防衛のためのような固定観念とか偏見でできた殻がことごとく砕かれた一年といいますか、脱・保守主義への第1歩なのかな。 自分でもよくわかってるつもりですが、全然自分のことを人に打ち明けないし。相手の反応が怖い、ただのチキンなんですね。 まぁこう見えても過去にいろいろ背負ってる人間ですから、結構ひねくれてた気がします、中尾彬のマフラー並に。別に今が落ち着いてるとかいう意味じゃなくて、今からしてみてもってことです。 そんな訳でして、来年はいろんなことに顔を出したいな、と思っております。ひょっとしたら一つのことしかできないかもしれませんが。 それがどういう形かはわからないけど、無駄でも何でも糧にするつもり。 20歳になったからって訳じゃなくて、気づくときに気づいて、決めるときに決めた。 今年一年はそんな「いろいろ」と闘ってきたせいか、自己満ながらも「後悔」に対して強くなった気がしてます。今じゃなかったらきっと永遠気づかなかったこと、少なくとも今気づいたからできる何か。って普通なことなんですが自分にとって深いですね。 だから、周りから自分がどう思われてるかわからないからそれこそ自己満だと思われるかもしれないけど、この20年間で自分が生きる上で無駄だったことは何もないと思います。 お酒が入ってるので話がいろいろ飛んでますが、とりあえず来年が自分のためになる一年ってことは確信してます。

]]>