ページを選択

サッカー日本代表の本田。 彼の言葉や話し振りをメディアは多く取り上げ、中田の後を継ぐピッチの王様的な代名詞をつけた。 強気な態度は亀田一家を思い出させるところ無きにしも非ずだが、 話す内容には芯がある。 先日、日本代表は韓国に破れた。 岡田監督はまさかの進退伺いを出したとか出してないとかの話まで。 そしてW杯へ向けて新たなシステムを始めました。 それについて本田は、 何を今更変える。4年間やってきたことを貫くことが大事。もし負けるのなら貫いて負けたい。 と言った。 ま、当たり前だと思います。 にわか仕込みの新システムで負けた時の悔しさはきっとどうにもならない。 必要なのは変更ではなく修正。 負けたから通用しない、じゃあやめる、なんて(笑) 何度も実戦で負け越しているならまだしも、今や列強チームの1国となった韓国に負けただけなら、それを軸に何をすれば良くなるか考えるべき。 日本の、理事と監督と選手の中でなぜかズレがあるのは昔から。 一本筋を通した戦術を貫くことが大事。 本当に日本選手の特性を活かせているのだろうか?

]]>