ページを選択

「。。。」ってなんでしょうね。あと「、、、」これも! いつも「・・・」か「…」を使ってて、なんだろう、可愛らしいけど「モーニング娘。」な気分(笑)

あーあ、全然関係なかった。

春からもっと忙しくしようと思っていて、 そのために体力もっとつけていかなきゃって今年の目標の一つに「1年365kmラン」と掲げています。 週2〜3で4kmほど走れば達成できそうな感じ♪ が、2月まで順調だったのに3月花粉により下回りそうな気配… その分走れそうな天気の時にまとめて長距離!は、ちょっと主旨が変わってくるので、むむむとまぁ。

先日いただいた本の中の、気になったこと。 「およそ結論が見えている、見えやすい問題は、議論したことによって一種のカタルシスを生む」 「発言しないことでむしろ”荷物”を背負ったままでいることも大切」

これは教育現場にいらっしゃる方が教育に対しての考えを本に書かれたものなんですが、 大人になっても変わらないですね。 何をどのタイミングで伝えるのか。 議論をすることで、意見をぶつけることで、それ自体が満足の対象となってしまうことはさっきのランニングと同じで主旨が変わってくるので、むむむとまぁ。 そうなってしまうと考えることよりも相手を負かすことが目的となってしまい、自分のポジションを見失ってしまう気がします。

勘違いしてはならないのは、それがすなわち「サイレントマジョリティ」でいいと思ってしまうこと。

荷物を背負ったままというとは、常に考えるスイッチを持っているということではないでしょうか。 だからよくわからなくなってきたっていうのも”荷物”ではありませんね。

そういえば小学1年生の頃のある朝、その頃一緒に登校していた1つ上の兄に置いてかれそうになり、慌てて靴を履いて家を飛び出して。学校に着いたらランドセルを背負ってないことに気がついたことがあります。

これはカタルシスでしょうか。(笑)

]]>