ページを選択

表現者ってなんだろうなあって考えることは、多分死ぬまでやめられないと思います。

何かの才能に突出してるのに、意外と私生活はグチャグチャだったりする人って少なくない。 それはそこまで全てを犠牲にしてでも突きつめる強さ、真っ直ぐさの裏返しだと思ってます。 すごいこと。

でも僕には出来ない。 そのことは常に迷うところだけれど、 何か一つを守りきるためにそばにいる人、周りの人を傷つけるのならば、それは嘘だと思うから。 僕にとっては。

だって誰よりも気持ちを扱う場所にいるから。

それにそばにいる人が悲しむとこなんて見たくないから。

演じる。

歌う。

気持ちを言葉へと紡いで表現すること。 でもそれは日常と何一つ変わらない。 だから突きつめることは日々を大切にすること。

そう、日常を大事にする。 やっぱりこれは僕にとって間違いではないと思う。

だから頑張る人を応援する。 支えてくれる人がいるから頑張る。

形だけで物事が進むなら、舞台はいらない。 常に誰かがコピーすればいい。 著作権も何もないフリー素材。

見極めなくてはならない。

それでお金もらって生きていこうとしてるんだもん。

カタチを求められるだけなら、ベッドの中で夢でも見てもらってればいい。 誰よりも自由であることとは、 即ち誰よりも責任を持つということ。

自分の言葉に。行動に。

どの現場に行っても、代わりならいくらでもいる。 でもその中に、それでも自分が求められるているのであれば、 それは日々が作り上げて来た自分を求められているからだ。

大切な過去、今。そして未来。 全てがその人を作り上げていく。

後悔はいらない。 反省して繋げていく。

不器用って言われた。 そんなことないと思ってた。

隠すのがヘタって言われた。 それはマズイと思う。

今はまだ、沢山の人を傷つけてる。 和歌山で話した傷とは違う。 舞台を使って傷つけたいのは、常にお客さんと一緒に考えたいから。 それと違うのは、ただの勝手ということ。

まだまだ責任が足りない。 自由でいられてない。

表現者ってなんだ?

始めに書いた、すごい人の例え。 成り立っていれば、でもそれでもいい。 ちゃんとわかって支えられる人がいるのだから。

でも、僕はいやだ。

]]>