ページを選択

今日のライブ、 ソロとしては2曲演奏しました。 「ふるさと」と「青の季節(とき)」 「ふるさと」は去年の響108・クリスマスライブで初披露した初オリジナル曲。 ちょうど一年前に作った曲なんです。 あんまりライブでオリジナルをやることは少ないのですが、 回を重ねるごとに、その回その回でまた違う演奏をしてると思います。 曲が自分に染み込んできたということ。 曲に対しての自分の気持ち。 アレンジしたいという遊び心もあれば、 その場の気分(笑) 最初の曲だけにストレートな曲。 「青の季節(とき)」は一番新しい曲です。 菊なべライブで演奏した「雨の降る夜」や 夏に演奏した「ここにいる」なんかと・・・ ・・・若干似てる曲。なんとなく雰囲気が(笑) でもそれぞれの曲のきっかけが違ったり、 イメージが違ったり、 気持ちが違ったり・・・ 音に対しても言葉に対してもボキャブラリー少ないから、 似てるように聞こえるのではないかと思うけど、 自分の中では絶対に違う曲。 「ふるさと」みたいにどストレートではなく、 だんだんと言葉の表現を覚えた気がします(笑) さ、明日は歌のお仕事してきます!

]]>