ページを選択

会話となるとTwitterでのやりとりでその事を十分伝える事は難しく、しかも僕が発生源でありながら、知らない人たちの間での会話でポンポン先に進んでしまうもんだから、最後は相づちしか打てない始末。 ただ、一人一人様々な意見を持つ人たちが集まって、お互い話し合って知らない事を知るきっかけとなるならいい事に違いない、とデモに対してもっと柔軟に考えようとも思いました。すぐに行動に移せる力もすごいと思います。   ところがいざ、デモ。当日直接見に行った訳でもないのですが、たくさんのニュースや動画がアップされていました。そして全部を見た訳でもありません。ですが・・・   なんなの?あのお祭り。 やっぱり動画の中には「楽しかった~♪」なんて言葉や「笑顔」の人たち。 ウソでしょ?? しかもそのお祭りを警察に警備してもらいながらの警察批判。   この非常事態と思うなら、公の場を借りていながら、頭にくる。 原発反対は、というかデモは仮装して楽しい曲流して騒げばいいのか?   asahi.com(朝日新聞社):「原発廃止」渋谷で音楽デモ 首相の浜岡停止に評価の声 – 社会 YouTube – 5・7原発やめろ渋谷デモ YouTube – 渋谷で「反原発」デモ~1万5000人が参加   避難された福島の方達の慰めとしてと考えるなら、失礼にも程がある。 今原発地域で働いてる東電、自衛隊、他作業に関わってる方達に失礼だと思ってしまう。   当事者である我々がやる反原発のデモが海外のそれと同じな訳ない。 参加者の中には長く古くからこういった問題に関わってこられた方もいるのに。   しかもこのデモで集めた支援金の収支報告に福島原発や原発を止めるためのお金が見当たらない事。僕には不思議。このなんだかごっちゃになっているところがどうもしっくりこない。   正直なところ、僕の生活は不安定なので、する募金額は非常に少ないと思います。それどころか行動はしていない。だからそれを突っ込まれれば、その通りとしか言えない。   だけど、考える事はできる。とういうか当たり前のように考える。考えない訳ない。そして考えた結果がまとまらないから動かない。 自分なりに情報を得ようとはしているつもりだけど、あまりにも長い年月を判断するには無知すぎるし、生活もあるから。行くなら知るための勉強会がいい。   押さえて書くとよくわからなくなる。]]>