ページを選択

良いことも悪いことも自分の言葉で残しておくこと。間違いなく自分から出てきた言葉なので残しておきたいと思います。紙にペンや鉛筆で書いたものとは違い、一度口にした言葉を瞬時に無きものに出来てしまう、消した後を残さない、ネットの文字。だからこそ言葉への責任を持って発したいと思います。間違いは訂正しながらも、一連の流れを残しておくことが、後で振り返った時に自分の成長を確認出来るものだと思います。というわけで(?)、続けてきたアメブロでの「ないものはない」も消されない限り残しておきます。ま、そんなに大した内容もありませんが。   また、最近流行しているTwitterの登場で段々意識が変わってきました。 Twitterの登場は慣れるにつれ大変便利なものとなりました。公開チャットのような、アカウントさえ持っていればどんな人とでも繋がることができる。持っていなくても見ることができる。ブログのようにイチイチタイトルを付ける必要も無い。思っていることを瞬時に世界へ発信出来るのです。 そしてmixiとはまた違うこのコミュニケーション法では、身内だけが見ている、日本人特有の閉鎖的なものではないことも実感しました。ブログも然り。その中でつぶやくこと、日記を書くことの責任もまた考えなければならないでしょう。 色々つぶやくどころか吠えることもありますが…   端末に酔っては見にくい見られないかもしれませんが、こちらの方がゆっくり気ままに書けそうな気がするのでご容赦をば。   カタイ出だしですが、多分最初だけだと思います。]]>