ページを選択

楽曲提供と出演を取りやめた舞台について。先日Twitterなどで一言だけつぶやきました。 どこから聞いたのか…ですが、いろんな方から心配のご連絡をいただきました。ご迷惑をおかけして大変申し訳ありません。そしてありがとうございます。 これもギリギリの判断ですが…時間が経ったので少しだけ書いておこうと思いました。

先日は報告のつもりでしたがやや感情的でした。ただそれよりもこれから関わってくるはずだった方々へのお詫びの気持ちを表したく、不特定多数の方がご覧になる場にも一言だけ記しました。 色々ご意見をいただきましたが、お伝えした通り、今回の件をこれ以上お話しすることはございません。blogなどにもそうですが、個人的にお話しすることもないでしょう。 話したくないのは…話し始めるときっと自分を守るための言葉を発することしか出来なくなると思うからです。それは同時に何かを攻撃するのと変わらない。 自分と作品と関係者を結果なりに守らなくてはいけません。そしていつかその作品が出会うであろう受け手には何一つ関係のないこと。そこを守るのは最優先事項です。なので事態に拠りますが、どこで誰に何を言われても基本構わないのです。 「らしくない」と思って下さるのなら、「らしくない」決断をしなければならないところまできた、ということ。それだけです。 今後も私からお話しすることはないでしょう。決断も変わりません。お話しして誰かの中に勝手に解決策を想像されることすら拒みます。 なので私からはご報告することしかしません。 どうかご理解と、謝罪の気持ちを今後も引きずっていくであろうことだけを受け止めていただければと思います。

]]>