ページを選択

昨日は442のお疲れ様会という名の打ち上げというか飲み会。

場所は顔合わせで使った居酒屋だったので、懐かしいというか、またここで一段落できた気持ちでした。 あ、もちろん朝までコースですよ!

またこの素敵な仲間たちと舞台がやりたいなー。 やらせてもらえるかな?(笑)

役者連中は熱いんです。 いつも思うけど、大好きなことに本気でぶつかり合ってる人たちだから、カッコイイんです。 だからそんな先輩たちに自分の芝居や音楽の話をされるとたまらなく嬉しい。 公演が終わって時間が経ってもなお「あの時はこうだった」とか話せるのって、まだ作品に対してそれぞれのアプローチが終わってないということじゃないかなと思います。

どんでどんの加塩さんともまた楽しくお話させていただきました。 加塩さん、言いたいことすごくわかって下さるんでよー! (笑) 音楽の現場のこと、音楽と芝居のこと、これからの楽しみとか。たーのしい、たーのしい! 嬉しいんです。ホントに大先輩なんですが、同じ目線で今を見つめている気持ちでした。

blogにもそんなことを書いたと話していたのでさっそく紹介(笑)

加塩さんのDiary、10/10

今回作品でご一緒出来て本当に良かった。

やっぱり、僕は現場が大好きだ。

芝居にしても音楽にしても現場が好き。

細かく役割で見たら、役者、歌手、音楽担当とかそれぞれのいちポジション。 でも作品全体で見た時にどれか一つで見られたくない。

踊っていればダンサーだし、演じていれば役者。 じゃあ肩書きなに?って言われたら、わかんないって言えるぐらい沢山のことに触れる時間が増えてきてる。

だからこそ今は少しだけ時間が必要。

またすこーしだけ休憩します。ステージに立つことを。 あ、でも来月あった(笑)

山下座長は「待ってる」と言って下さいました。

次の作品に100%で僕が臨めることに期待して下さって…

体力って20歳の時が一番無限でした。 何でもやりきれる体力だけは(笑)

それとは違うけど26歳の今、 何でもやってみたいとか、やってやろうっていう気持ちの無茶は一番。 ムダな度胸ばかりがついてきたのかな? だからといってジェットコースターには乗りませんよ?

なんかね、稽古・公演期間でるみさんがたくさん写真とってくれてたんですけど、 いつも顔ちゃんとしてって言われてて… 昨日写真をデータで全部もらったんですが9割変顔で、 もうどれが正しい顔だかわかんないですね(笑)

こんなんとか…これまだましか ひどいやつってみんなパジャマだったりするから載せられないや(爆)

一応真面目なのもあげとこー!

]]>