ページを選択

※読みながら浮かんだだけなので、根拠とかありません。

1.産業としてみて ・いつかお金で物を買うということがなくなることもあり得るんじゃないか。 ・人がすることは次へのきっかけ。 その興味から無料で何かをするというのは今ではよくあること。

2.国をみて ・敵を作ることが愛国心に繋がるという考えが既に古いのはきっとどの国もわかってる。 以前から領土問題に興味をあまりもてないのは、その問題に対して当事者ではないからというのもあるし、これと愛国心はやはり違う。 ・国家としての枠をなくしてもきっとなくならない、集団によるテロリズム。 ここ重要だと思う。確かにレイヤーで捉えれば居心地の良い場は見つけやすくなるだろう。しかし、違うレイヤーの人たちとの向き合い方はどうなるのだろう。居心地良い場を見つけて心が平穏になれば敵対心も失せるか。敵対心それ自体がレイヤーの人もいるだろう。

3.レイヤー化について ・紹介されていた数人のストーリーにドキドキした。繋がった瞬間に人間味が出る。 「無償」「いつのまにか」っていうところから文化は進化していくんじゃないだろうか。こういうの見るとワクワクする。 自分がこれから体験するかもわからないけど、そばで見られる可能性は高い。

何をしていなければ「プロの○○じゃない」と言われる時代が終わったと思われるようになったのは、なにも経済的理由だけではないのだろう。あとは個人の満足の問題。

なんだか楽しみだ。

]]>